Return to site

子供の不調(0歳~10歳)

 

  • アレルギー

人間の体は外からの異物が入ってきたときに、抗体というものが作られ、外敵をやっつけようとします。

この反応のことを「免疫」と呼んでいます。

アレルギーはこの免疫がエラーを起こして、本来は無害なはずの食べ物や花粉にまで過剰に反応して攻撃をすることで、さまざまな症状がおこります。

・まずは乳製品を控えてみましょう。

アレルギーは人によって、反応物質や症状の個人差が大きいため、具体的な対策を見つけるのが大変でもあります。

しかし共通するのは、乳製品に含まれるタンパク質が、免疫を刺激してアレルギー症状を悪化させているケースが多いことです。

乳製品に含まれるタンパク質の87%はカゼインと呼ばれるもので、これは人間の腸内では完全に消化することができず、長く腸内に留まってしまいます。

腸内に滞留した未消化のタンパク質分子は、異物として認識されやすいため、アレルギー症状を助長させる要因になります。

毎朝ヨーグルトや牛乳を取っているようなら、まずはそれを止めてみましょう。

  • よく怪我をする

スポーツをしているお子さまで、やけに怪我が多い。という例があります。
種目にもよりますが、筋肉系のケガ、捻挫などが多いという場合は、一度栄養バランスを見直してみると良いでしょう。

近年、サッカー日本代表でも話題になり、注目を集めている栄養素に「オメガ3脂肪酸」というものがあります。

一時期、「痩せる油」として美容ブームになりましたが、オメガ3の効果はそれだけではありません。

オメガ3には細胞に柔軟性をもたらせる働きがあるため、筋肉や関節の柔軟性を向上させるのに役立ちます。

また、細胞の修復にもオメガ3は使われますから、ケガの回復を早める効果もあります。

しかし、オメガ3は体内では合成できないため、常に口から取り続ける必要があります。

お肉やサラダ油から取れる資質は取り過ぎが心配なほどですが、当会の血液検査結果の傾向でも、オメガ3を十分に摂取できている人は非常に少ないです。

スポーツをしているお子さまがいましたら、コンディション維持のためにも、魚やオリーブオイルなど、オメガ3が豊富に含まれている食材を積極的に活用してみましょう。
 

  • ADHD(発達障害)

発達障害の一種で、集中力がない、じっとしていられない(多動性)、思ったことをすぐに口に出してしまう(衝動性)というような症状が見られます。
子どもであれば、多少なりともこの様なことはあるかもしれませんが、年齢に不釣り合いな行動やが目立ちはじめて、学業や集団生活での支障が出てくることがあります。

 

文部科学省では、以下のように定義されています。

「ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
 また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。」

現代医学では、それを本人の特性として捉えて、上手く付き合っていく方法を推奨されることがほとんどでしょう。
しかし、もう少し踏み込んで栄養学的に見てみると、その症状を寛解させることは、比較的簡単です。

 

ADHDと診断された方の血液検査結果を見てみると、ビタミンB群の数値が極めて低いことが多いです。
ビタミンB群は精神を安定させるための、セロトニンなどの神経伝達物質の材料となります。
したがってビタミンB群が欠乏すると、神経伝達物質の合成を行えなくなり、脳内の神経伝達に支障が出てきます。
この様な場合はビタミンB群を集中的に摂取することで、脳内の神経伝達が回復し、情緒面での改善が見られます。

 

ただし、食事だけで発達障害を改善させる程のビタミンB群の摂取量を賄うことは難しいので、サプリメントによる集中的な摂取が望ましいでしょう。

発達障害の一種で、集中力がない、じっとしていられない(多動性)、思ったことをすぐに口に出してしまう(衝動性)というような症状が見られます。
子どもであれば、多少なりともこの様なことはあるかもしれませんが、年齢に不釣り合いな行動やが目立ちはじめて、学業や集団生活での支障が出てくることがあります。

文部科学省では、以下のように定義されています。

「ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
 また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。」

現代医学では、それを本人の特性として捉えて、上手く付き合っていく方法を推奨されることがほとんどでしょう。
しかし、もう少し踏み込んで栄養学的に見てみると、その症状を寛解させることは、比較的簡単です。

ADHDと診断された方の血液検査結果を見てみると、ビタミンB群の数値が極めて低いことが多いです。
ビタミンB群は精神を安定させるための、セロトニンなどの神経伝達物質の材料となります。
したがってビタミンB群が欠乏すると、神経伝達物質の合成を行えなくなり、脳内の神経伝達に支障が出てきます。
この様な場合はビタミンB群を集中的に摂取することで、脳内の神経伝達が回復し、情緒面での改善が見られます。

ただし、食事だけで発達障害を改善させる程のビタミンB群の摂取量を賄うことは難しいので、サプリメントによる集中的な摂取が望ましいでしょう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly